HOME > ブログ > ごはんのお供に何を作りますか?

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

ごはんのお供に何を作りますか?


先日、真由美先生もブログ「Mayumi's Room」で
書いていましたが
寒暖差が気になるこの頃ですね。

日中は、春の陽気っぽくはなっておりますが。
体調管理に気をつけたいところです。

そして
世の中、コロナウィルスの話題で持ち切りです。
鹿児島でもマラソン、ラーメン王選手権、…
いろいろなイベントが中止になっていますね。

さみしいと思ったり、仕方ないかと思ったり。

そんなときだからこそ、ちょっとのんきなお話を。
ということで、タイトルにありますように
「ごはんのお供に何を作りますか?」

これって、たまに人様に尋ねたくなるのですよね。

日本人ならやはり主食はお米!
しかも私たち中高年以降(お若い方ごめんなさい)は、
お米を食べ過ぎてはいけません。
せっかく体を動かしても残念ながら
ダイエットだとかの効果が薄いくなりますから。

それならば、だからこそ、
少しのご飯を、とびきりおいしくいただきたいと
この頃は特に思うのであります。

メインになるおかずは数々あれど
ごはんのお供って検索すると、だいたい
お取り寄せグルメが目に飛び込んできます。

そうではなくて、自分で作ることができるお供ですよ。

まずは「ごはんのお供」でクックパッドを検索すると
(R2.2.21現在)
1位は無限ネギ
2位は無限もやし
3位は無限人参
4位は無限キャベツ
5位は白ネギ醤油
6位は無限かぼちゃ
7位は昆布の佃煮
8位はとろ~りとした黄身!
9位は無限ピーマン
10位パプリカでツナ胡麻のあま辛



という感じで、やたらと「無限」が締めていました。

ようするに、すごーくはしょって言えば
野菜ひと品を、さとう、塩、胡椒、ごま油、粉末だし
とツナ缶とあわせてレンジでチンすればできる
というものですよね。

なるほど。

でも大人はもうちょっと一工夫したいですよね。
もっとごちそう感も欲しいし

というわけで、思い出しました。
先日録画していたは
あさイチで紹介されていた一品があった!

その名も「食べるオイスターソース」略して「食べオイ」
①カキをフライパンで8分以上加熱

➁火が通ったら牡蠣の身だけを別に移し
 お好みの大きさに刻む

③フライパンに残った牡蠣の汁にみりんを加える

➃とろみが出て、香ばしい茶色になるまで、煮詰める

⑤焦げる直前で火を止める
(※焦げ付きそうな場合は水か酒を足す)

⑥そこに切った牡蠣の身を入れ(お好みでバターを加え)
て再び加熱、タレを絡ませて完成


どうですか。
実は私もまだ作ってはいませんが、
ぜったいにおいしいですよね。

何度あたっても牡蠣が好きな私には
たまらない一品です。
もちろん、これはしっかり火をいれているので大丈夫。

ちなみに⑤はメイラード反応というそうです。
アミノ酸と糖が過熱によって結びつく。
ほどよい焦げ目のものがおいしそうにみえるのは
これがあってこそなのですね。

ちなみに食べオイの考案者は、
オイスターマイスターの資格を持つ
企業研究員の髙橋貴洋さん、という方だそうです。

ほんと、個人の好みですみません。

今度、レッスンでお隣になったら
おすすめのごはんのお供、教えてくださいね。
あー、でもレッスン中はごはんのことを考えないで
集中しましょうかね。



鹿児島市 天文館 照国神社近く
ピラティス・ヨガ・コンディション・太極拳・ダイエット・ママ&キッズ・略茶道・着物着付け
ハロハロスタッフN


< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ